ページトップへ

朝日の昇る家|登戸 不動産 朝日ホーム 

朝日の昇る家 history01

地元っこです。29歳で創業しました

写真

地元っこです。29歳で創業しました

小田急線向ヶ丘遊園駅前に私たちの会社『朝日ホーム』があります。朝日って人間を元気な気持ちにしてくれるでしょう?たとえしんどいことがあっても、前を向くパワーを与えてくれる、そんな存在になりたいと思い、『朝日ホーム』と名付けました。

私の名前は朝倉敬太。1967年(昭和42年)生まれです。地元生まれの地元育ち。子供の頃からやんちゃというか我の強い方で、せっかく親が高大一貫校に入れてくれたのに教師とケンカして中退。大検に合格して早稲田大学に進学しました。在学中に交換留学生として高麗大学で1年近く過ごし、それが縁で卒業後は日本サムスンに社長秘書として就職できたのですが、どうしてもサラリーマン生活に馴染めません。どうせなら大金を動かす仕事がしてみたい。そう思って飛び込んだのが不動産業界でした。2年間で基礎知識を身につけ、あと2年をオール歩合にしてもらい、トップセールスを続けた後に独立、29歳でいまの会社を立ち上げました。

創業して間もなく、土地を買って家を建て、それを販売する建売分譲を始めました。当時は不動産屋としての意識でしたから、建築はすべて下請け業者に任せていました。私にとって家は商品であり、出来上がったものを売るという概念しかなかったのです。バブル崩壊後だったとは言え、景気はそれなりに安定していて、家はどんどん売れました。そのままだったら、私が建築に手を染めることはなかったかもしれません。しかし人生というのはわからないものですね。2007年から2008年にかけて、世界を揺るがせたサブプライムローン問題、そしてリーマンショック。その影響は小さな私の店にも押し寄せ、経営者として何かをしなくては新しい夜明けは来ない、そういう状況に追い込まれたのです。

次頁へ続く