ページトップへ

注文住宅を建てる人って?|登戸 不動産 朝日ホーム 

注文住宅がわかる
どんな人が建てるの?

建売ではすでに建物は出来ているし、分譲では間取りや仕様はほぼ決まっているので、
建てる人のことはさほど気にならないかもしれません。しかし、注文住宅となると話は別。
「こちらの意図が伝わらなかったらどうしよう」「近隣の人からクレームが出たら困る」など、
様々なことが気になると思います。正直に言って注文住宅に関しては、
最初から最後まで何事もなく家を完成させるのは至難の技。住宅会社が最も頭を悩ませるところです。
朝日ホームではどのような体制をとっているのか、お話しさせてください。

打ち合わせする人・
建てる人

引き継ぎを巡る
トラブルを
避けるために
必要なのは?

打ち合わせする人・建てる人

一軒の家を建てるには多くの職人の技能を必要とします。大工、左官、タイル職人、塗装職人、クロス職人、電気技師、配管工、板金職人、ガラス職人、瓦職人、建具職人等々、数えきれないほどの専門技術が集まって、お客様の夢を形にしていきます。こうした職人集団を統率し、お客様の意向を十分に反映させるという重大な役割を担っているのが現場監督です。

ところがここに難しさが生じます。お客様と最初に話すのは営業スタッフで、その人にすべての希望を伝えてよく理解してもらえたと思っていたのに、いざ着工となると別のスタッフが現場監督として現れる、そこに不安を感じるお客様がとても多いのです。しかし、少し大きな住宅会社になると、役割分担をしないことには数多くの現場を回していけません。そこでお客様には「引き継ぎは十分していますから」と説明し、納得してもらうことになります。

この“引き継ぎ時のギャップ”を埋めるために、どの会社も苦労しています。営業スタッフとの打ち合わせの段階から現場監督を同行させたり、反対に営業スタッフが着工後もお客様と現場で打ち合わせたり、というのはその努力の現れです。しかし、そんな面倒なことをしなくても、一人の人間が最初から最後までおつきあいすればいいのでは?というのが、朝日ホームの考え方です。

朝日ホームには役割
分担はありません

一人の人間が
責任をもって
最後までフォロー

朝日ホームには役割分担はありません

朝日ホームは会社が小さいこともあって、役割分担のような贅沢はできません(笑)。しかしそのために、スタッフ全員が何でもできるというかけがえのない財産に恵まれました。そもそもなぜ役割分担をしなくてはならないかというと、営業は現場を知らず、現場はコミュニケーション能力や銀行ローン、税金などの知識が不足しているというのが原因です。一人の人間がそれらを網羅できれば、そもそも役割分担する必要はないのです。「言った」「聞いていない」というすれ違いも起こらず、お客様にストレスもぐんと減らすことができます。

朝日ホームでははじめての出会いから、土地探し、資金計画、プランニング、建築、アフターサービスに至るまで、一人のスペシャリストがまるで執事のようにお客様のお世話をするのが自慢。それだけのことができる少数精鋭チームだと自負しています。

もちろんそうは言っても、万一担当者がすぐに対応できないような事態が起きた時には、代わりの者が即座にフォローすることができるよう情報を共有し、お客様に極力ご迷惑をかけない体制を整えていますのでご安心ください。一級建築士、一級施工管理技士、宅地建物取引主任者などの有資格者が揃い、不動産にも建築にも強い朝日ホーム。顔は少々コワモテですが(笑)、繊細で熱いハートの持ち主ばかりです。どうぞお気軽にお声かけください。

スタッフ紹介を見る

家づくりについて相談してみる

朝日ホームの家づくりを知る

次は「家づくりの流れを知ろう」