ページトップへ

注文住宅を建てる流れは?|登戸 不動産 朝日ホーム 

注文住宅がわかる
家づくりの流れは?

「家づくりってどのように進んでいくの?」。
建てる前からきちんと把握されている方は少ないと思います。
このページでは土地がある場合・ない場合に分けて、大まかな流れをご説明いたします。
一度に全部言われても覚えきれないし、しんどくなってしまうので、だいたいの流れを掴んで下さい。
あとは私たちがお客様をエスコートしながら、するべきことのタイミングを逃さないよう
必要に応じた助言をさせていただきます。

土地から探される場合

土地のご相談

これから探す方には条件をお聞きして、土地探しから始めます。 この地で17年不動産業を営んでいますので、お客様がご自分で探されるよりも、確かな土地をご紹介できるのが強みです。

土地ご契約

気に行った土地が見つかりましたら、土地のご契約をしていただきます。銀行ローンなどのお手続きも弊社でお手伝いさせていただきます。

土地がある場合

敷地調査

現地にて、境界、高低差、電気、ガス、給排水等の確認を行います。

敷地調査

初回ご提案

どういう家にしたいと思っていらっしゃるのか、ご希望をお聞きし、たたき台となるプランを2~3パターンご提案致します。

プラン・仕様打ち合わせ

たたき台となるプランを元に、その後納得いただけるまでプランを煮詰め、パナソニック等のショールームも見学しつつ仕様を打ち合わせ、色柄を決めていただきます。

プラン・仕様打ち合わせ
プラン・仕様打ち合わせ

概算見積

プランがほぼ固まり、仕様が決まったら、概算見積りに入ります。

お見積もり・ご契約

プランに即して詳細に予算を見積もっていきます。ここでもお互いが納得するまで何度も打ち合わせを行います。その後、請負契約を結んでいただきます。

地盤調査

現地の地盤調査を行い、地盤改良の要・不要の判定、地盤改良の方法を決定します。問題が有る場合は、改良工事を行います。

地盤調査
地盤調査

構造計算

朝日ホームはパナソニックビルダーズグループに加盟しており、建築前に構造計算を行います。耐震強度が十分であることを数字で確認した上で、工事に入ります。

構造計算
構造計算

土地がある場合

お引越し・解体・取り壊し

確認申請

確認申請を行うのと並行して、お客様に1/50の図面をお渡しして、コンセントや照明の位置を自由に書き込んでいただきます。

確認申請

着工前打ち合わせ

屋根、サッシ、玄関ドア、外壁、建具、水回りの設備などを随時決定していきます。

着工前打ち合わせ
着工前打ち合わせ
着工前打ち合わせ

地鎮祭

家を建設する土地を清め、土地の神様に工事の無事と安全を祈ります。ご近所に挨拶回りをします。

地鎮祭
地鎮祭

着工

建築確認の許認可が下りましたら、工事を開始します。

着工
着工

基礎工事

基礎工事の経過の中で、配筋工事が終わりましたら、弊社の配筋チェックと、瑕疵保険会社(JIO)の配筋検査を行います。

基礎工事
基礎工事

上棟工事

上棟は、建物の骨組ができ、棟木をあげた時を指し、家屋としての形態をとる最初であることから、家づくりの中で最も重要視されてきました。お客様にとっては、これまで図面でしかなかった我が家が、立体として姿を現す感動の瞬間です。

上棟工事
上棟工事

構造検査

弊社のチェック及び、瑕疵保険会社(JIO)の構造検査、その後の防水検査をそれぞれ行います。

構造検査
構造検査

竣工検査

完成しましたら、お施主様立ち会いのもと、竣工検査を行います。

お引き渡し・ご入居・アフターメンテナンス

ついに念願の我が家の完成です。末永く、幸福に暮らしてくださいと、関係者全員が祈る中、お家の鍵がお施主様に手渡されます。

お引き渡し・ご入居・アフターメンテナンス
次は「アフター・保証体制について」