ページトップへ

家探しノウハウ 何を見ればよい?|登戸 不動産 朝日ホーム

家探し

家が欲しいと思ったら、どう行動すれば良いのでしょう。
大きなお金が動く家探し。失敗しないために取るべき行動をまとめてみました。

04
何を
る?

まずは現場、次にOB宅訪問

このページでは、家探しの中でも注文住宅を建てようとされている方や、大規模リフォームをお考えの方を中心にお話しさせていただこうと思います。注文住宅やリフォームは、建売のように商品があるわけではありません。「ここならば」とあなたが見込んだ会社に依頼して、まっさらなところからつくりあげていくのが注文住宅やリフォームの醍醐味。それだけに不安もありますよね。

その不安をできるだけ減らし、わくわく感と期待に変えるにはどうすれば良いのでしょうか。一番の方法は、これまでにその会社が建てた家やリフォームした家をたくさん見せてもらうことです。これはと思う会社には、ぜひ建築現場や完成物件を見せてくださいと言いましょう。可能であれば、これまでに建てた方のお住まいを訪問させてもらい、話を聞いてください。

そうした頼み事をした時の反応からも、その会社の自信のほどを伺うことができます。「いまちょっと都合がつかなくて…」などと案内を渋る会社は、あまり自信のない会社である可能性大です。反対に自分たちの方から「とにかく一度現場を見てください」と言ってくる会社は、まず安心です。さらに今までのお客様が喜んで会ってくれ、あなたにその会社を勧めたなら、顧客との信頼関係も相当に築けている会社だということ。ぜひ試してみてください。

これまでに建てたお客様に
会わせてくれる会社は、まずは合格

イメージづくりはショールームで

これまでの建築実績を見てこの会社なら大丈夫と思ったら、次はいよいよプランづくりです。これまでに見た家も参考にして組み立てていきましょう。そしてその際に朝日ホームが、「ぜひ」とおすすめしてご案内しているのが、汐留にある『パナソニックリビングショウルーム東京』です。

『パナソニックリビングショウルーム東京』は、単に住宅設備を展示しているのではなく、様々な生活シーンを想定して、そこに合わせたコーディネートを体感していただけるよう、空間そのものがつくりこまれています。お客様はより具体的に、そこで始まる新しい生活をイメージすることができるというわけです。

また建築図面を持っていくと、それに合わせたプランニングを考えてくれる「プランニングサービス」や、「IHクッキングセミナー」「教えて太陽光発電」「風水セミナー」などのイベントも随時開催されています。

一度ご案内すると、その後は自分たちで何度も足を運ばれるお客様がほとんどです。もちろん同行してほしいと言われれば、喜んでご一緒しますのでいつでもお声かけください。成功の鍵は“とにかくたくさん見ること”です。そして予算をかけるところと、抑えるところのメリハリをしっかりとつけていきましょう。そのあたりは私たちもしっかりとアドバイスさせていただきます。

私たち、朝日ホームがご案内する「パナソニック
リビングショウルーム東京』では、これから始まる生活を具体的にイメージできます