イベント予告

王禅寺東1 モデルハウス現地見学会

モデルハウス
日時11月9日~12月23日までの毎週土日(10時~16時)
場所川崎市麻生区王禅寺東1-28-1 モデルハウス内 地図

毎週土日10時~16時。モデルハウス内で建物見学会及びテクノストラクチャーの説明会を開催しています。

 見学会でわかること

物件の情報は、ホームページで写真や図を載せてできるだけ詳しくお伝えするように努めています。

でも場所の雰囲気や周辺環境、お家の質感などいわゆる「お家との相性」は現地でこそ体感していただけます。

朝日ホームは本格的にご購入を考えていらっしゃる方だけでなく、漠然とお考えになっているお客様にも是非お越し頂きたいと考えています。

現地に足を運び、実際の建物をご覧になることで「家を買う実感」がわき、
具体的なプランをたてられるようになるからです。

また担当者と直接話したり、質問することによって「この会社に自分の家を任せていいか」の判断をして頂く事もできます。

土日のご都合がつかない方は、平日でもご予約承りますのでお気軽にご参加ください♪

物件概要

土地面積 157.44㎡(約47.62坪)
建物面積 108.47㎡(約32.81坪)
権利の種類 所有権
用途地域 第一種低層住居専用地域
地目 宅地
都市計画 市街化区域
建ぺい率/容積率 40%(角地50%)/ 80%
接道 北側 約5m 公道・西側 約10m 公道
学区 王禅寺中央小学校・王禅寺中央中学校

 

区画図

間取り図

 周辺情報

■学区・教育機関

王禅寺中央小学校 約1250m
王禅寺中央中学校 約1300m
潮見台みどり幼稚園 約1020m
百合ヶ丘さくら幼稚園 約1030m

 

■周辺環境

王禅寺源左エ門谷公園 約230m
ウェルパーク 約350m
ローソン 約500m
いなげや 約650m
ゆりストア 約1090m
生田南郵便局 約750m
成城石井美しが丘店 約2000m
藤木内科医院 約510m
聖マリアンナ医大病院 約3200m

 

 

物件詳細

< 外 観 >

西側からの外観。ウッドデッキの壁は、リビングの目隠しも兼ねています。

建物北側外観。駐車場2台分及び宅配ボックス付の機能ポストを設置しました。

車を停める事が出来る芝生ブロックも採用しました。

宅配ボックス付機能ポスト。玄関前には植栽スペースも。

屋根には5.2KWの太陽光発電を設置しました。

 

 

< 玄 関 >

玄関ホール。

玄関ホールより廊下を見る。

玄関ホール脇にはシューズインクロゼットを設置。

L字型に配置した可動棚。靴や置く物の大きさに合わせて棚を可動出来ます。

< リビング・1F 洋室 >

LDKは18帖あります。南面と西面にはウッドデッキも設置しました。

リビングよりキッチン方向を見る。

LDKに隣接した東側には6帖洋室があります。

LDKと洋室の境は3枚引込扉で仕切れます。

連動式の3枚引込扉。

東南側6帖洋室。壁の一部を開けて、内部が見えるようになっています。

壁の内部には制震金物テクノダンパーを設置。

 

< キッチン・パントリー >

キッチンスペース。正面には勝手口を設けました。

パナソニック・ラクシーナ2550mmシステムキッチン。

浄水器、食器洗浄乾燥機も標準で付いています。

キッチンよりリビング方向を見る。

W1800サイズのカップボード。

キッチンスペースのバックヤードにあるパントリー。食品庫や家事室としての利用を想定。

アイロン台やパソコンスペースとしても使えるカウンター。

 

< 浴室・洗面室・1F トイレ >

パントリー奥にある洗面脱衣室。

W900のパナソニックCライン洗面化粧台を採用。

洗面脱衣室に設けた壁面収納。タオルや小物等を収納できます。

ユニットバスは1坪(1616)タイプです。

パナソニックFZシリーズ。浴室換気乾燥機が標準仕様となっています。

1階トイレ。階段下スペースを利用。

壁の一部に北欧調アクセントクロスを採用。

トイレ内部壁面に設けた収納庫。

 

< 階段・ホール ・2F トイレ>

玄関手前、玄関収納庫と階段。

階段スペース。1階から上を見たところ。

階段スペース。2階から下を見下ろしたところ。

2階廊下に設けた洗面化粧台。

2階トイレ。

壁面には階段上のスペースを利用したニッチ収納を設置しました

 

< 2F 洋室 >

北西角にある6帖洋室。

W1800のクロゼットを設けています。

クロゼット内部と入口ドア。

南西角8帖主寝室。

壁の一部にアクセントクロスを採用しました。

ベランダ前の窓上にはナノイー発生器とホスクリーンを設置。室内干しでも臭いません。

8帖洋室北面は収納スペースに。

2帖大のウォークインクロゼットとW1800のクロゼット。

ウォークインクロゼットの棚も可動式になっています。

南面のバルコニーは奥行き約1800mm。一般的なバルコニーより奥行きがあります。

< バルコニー・その他 >

バルコニー。壁には可動式物干しを設置。

東南角6帖洋室。

W1800クロゼットを設置。

クロゼット内部はテクノストラクチャーの構造が見られるように開けてあります。

サッシは内観樹脂を採用。ガラスはペアガラス+遮熱Low-Eガラスとなっております。

 

 テクノストラクチャーの家

やさしさと強さを兼ね備えた家 

朝日ホームの注文住宅は、パナソニックが開発したテクノビームと呼ばれる木と鉄を組み合わせた梁を用い、構造計算に基づいて建てられています。そのメリットは何と言っても地震に強いこと。実験では震度7でも構造体の損傷・変形はなく、5回の激震にも十分耐える構造強度であることが確認されました。その性能の高さは、長期優良住宅に対応していることからも明らかです。

またそれほどの強度を持ちながらも、見た目は一般の木造住宅と変わりません。木のやさしさと鉄の強さを併せ持っていること、それが私たち朝日ホームがテクノストラクチャーの家を推奨する大きな理由です。

 

 

高品質な住宅をリーズナブルに実現

鉄骨やRCでないと不可能と言われてきたデザインも、テクノストラクチャーであれば比較的低価格で実現できます。また、テクノストラクチャーと同等の強度を無垢材を使って得ようと思うと、相当太い木を使わなくてはならない上、構造計算が困難という問題があります。テクノストラクチャーの家は、強い構造とコストパフォーマンスの両方を兼ね備えた住宅であると言うことができます。

またデザインの上でも、テクノビームという木と鉄の複合梁ががっしりと構造体を支えるため、在来の木造住宅よりも広々とした開口部や吹き抜けが可能になりました。家の中に空気の淀みをつくらず、同じ面積でも広く感じるなどデザイン面での利点も数多くもっています。

 

テクノストラクチャーの強みをまとめました

「強い家」を支える強固な構造部材

テクノストラクチャーでは、家を支える大切な梁に木と鉄の複合梁「テクノビーム」を採用。

接合部も金具で強化し、ムクの柱の1.5倍の強度を持つ集成材柱で更に耐震性を高めています。そのこだわりが、家全体としての高い品質、安定した構造性能を実現しています。

 

+

木と鉄の複合梁「テクノビーム」

テクノストラクチャーの住宅は、構造部材の強度、品質にもこだわっています。

一棟一棟の住宅品質に差が生じないよう、金具ひとつにまで細かな使用を規定し、構造計算通りの強度を確保します。

 

+

縦にも横にも広い、オープンな空間

テクノストラクチャーでは、一般的な木造軸組工法で約3.6mしかとれなかった柱と柱の間を、最大約6m(壁心寸法)まで広げられるため、20畳以上もの大空間が実現でき、ワイドビューを楽しめる大きな窓の設置も自由です。


間口が広く、天井も高いので、高さのある照明器具を取りつけても余裕があります。

 

また、テクノ接合金具の採用により、従来柱の接合のために必要だった「ほぞ加工」が不要に。柱の長さをまるまる活かした高い天井高が可能になりました。2階建て住宅で1階・2階とも最大2.8m(一般的な住まいは2.4m)もの天井高が実現できます。

 

テクノストラクチャーについてもっと知りたい方はこちら

 

その他のイベント予告

参加ご予約フォーム

電話でのご予約
[営業時間] 9:30~18:00
[定休日]  火・水曜日
ページトップへ