土地活用で出来る相続税対策

大切な資産を次の世代に残すために、できることがあります。相続税改正をむかえた今こそ、まずは課税強化のポイントを正しく理解しておくことが大切です。相続が起こってからでは間に合わない!今すぐ取り組むべき「相続税対策」をご案内致します。

 

■2015年1月1日相続税増税

税制改正が行われ、平成27年1月1日より相続税が増税されたことをご存知でしょうか。この時の改正では、基礎控除が引き下げられたことが大きなポイントとなりました。以前の税制であれば相続税について考える必要がなかった方も、基礎控除額の引き下げにより、相続税の対象となってしまうケースが多くなりました。この改正をキッカケとして土地活用による相続税対策に取り組んでいる方も多くいらっしゃいます。

 


 

 

 


 ■相続税対策におすすめの土地活用

アパート経営・マンション経営は、有効な節税対策のひとつであると考えられています。何もない土地にアパートやマンションが建設されていると、更地状態の場合や、マイホームを建てた場合よりも相続の際の土地の評価額が下がります。このため、相続税の節税に効果的であると言われています。相続税対策には、以下のような土地活用がおすすめです。

相続税対策のための「賃貸住宅経営」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


 


朝日ホームのSNSもぜひチェックしてください♬

公式インスタグラム

公式Facebookページ

公式ピンタレストページ

LINE公式アカウントではイベントや家づくりのお役立ち情報をお届けしています。LINEからお申し込み、ご質問も可能です。

友だち追加

 

 

ページトップへ