犬と人との共生住宅

中原区宮内B様邸

エリア別|すべて

窓が特徴的な外観デザイン。シンプルモダンな外観です。

室内から見ると窓がこのように配置されています。上部はFIX(嵌め殺し)窓、下は風が抜ける程度の大きさに開閉します。

犬が上り下りし易いように、一般的には13段程度の階段を2階まで20段の緩やかな階段に。

踏み面にコルクを貼り、犬が滑らない配慮もしています。

2階から見下ろした階段。踏み面も一般的な階段より広くなっています。

床面もほぼコルクボード仕上げ。犬の室内飼いで起きる一番の事故は、床が滑る事で腰や股関節を痛める事。足が弱ると散歩にも行けなくなり、一気に老化が進むみますので

犬との共生では床の滑りをいかに解消するかが課題となります。

最近ではフローリングの上に、樹脂コーティングを施して滑りにくくするなどの対策も取っています。

パナソニック製リビングステーションSクラス。上位機種のコンロや昇降水切りはオプションです。

電動昇降水切り。スイッチで上下するので、食器を洗いながらの一時保管に便利です。

キッチン後ろの家電収納は大工さんのお手製です。

ユニットバス。

横幅900の洗面化粧台。

 

納戸兼犬の寝室。

収納上部が犬用品を収納する物入れ、下部に犬のゲージを入れ、夜はここで寝ます。

この扉は上下が分かれて、自由ちょうばんにより外にも内にも開く大工さん特注の扉です。

下と扉から犬が出入り出来るようになっています。

外部には犬の為のシャワーも設置。排水溝もしっかり取っています。

このクライアントはご家族がご夫婦2人と黒ラブが2匹。

とても犬を可愛がっているご家族なので、犬のストレスが少ない住宅を建築しました。

建築中レポート

1. 2014年02月14日
トイレ

トイレ


LINEからのご質問・ご相談も受付中です。どうぞお気軽にご相談ください♪

友達追加はこちら

公式インスタグラムもぜひチェックしてみて下さい♪

公式Instagramはこちら