・固定金利と変動金利はどちらが良いですか?

A. どちらとも言えません。どちらもメリット・デメリットがあります。
お客様のライフプランにより選択されるのが良いと思います。

まず、はじめに変動金利と固定金利の違いを知っておきましょう。

 

  • 変動金利

一般的に固定金利と比較して金利が低い。
金利が変動する可能性がある。

変動金利は市場の動向により、金利が変化するものです。

金利が変動した場合、返済額は返済期間中5年ごとに変わります。

一般的には固定金利に比べて、金利が低い事が魅力です。

しかし、金利が上昇した場合は元金がなかなか減らなくなるという事も起こりえます。

金利が低く支払額が少ない時期に預貯金を増やしておいて、万が一金利が上昇した時に現金で繰り上げ返済ができるようにするなど、リスク対策をとるとより良いでしょう。

 

  • 固定金利

変動金利に比べて金利は高い。
金利は固定期間中変わらないので月々支払額が決まっている。

固定金利は、期間中の金利が一定のため月々返済額も一定となります。

固定期間は1年、2年から10年、20年、35年など様々ですが、固定期間が長ければ長いほど金利は高くなり支払額が上がります。

一般的には変動金利に比べると金利は高く設定されます。

支払額が少し上がるものの、金利変動のリスクは無いため安心感があり、安定的なライフプランを考えたい方にお勧めです。

「フラット35」も固定金利のローン商品となります。

 

それぞれのメリットとデメリットをしっかりと把握されてから、ご自身のライフプランに合わせて選択していきましょう。

銀行の住宅ローン担当者に直接お話を聞いたり、当社でも経験豊富なスタッフがご説明させていただきますのでお気軽にご相談ください。

 

目次に戻る

 


↓ 次のステップはこちら!

資料請求

初めての無料相談会

 

公式LINE友達追加はこちら

公式Instagram

公式Pinterest