子育てする暮らし 3. 子どもの成長に合わせて変化する住まい

3. 子どもの成長に合わせて変化する住まい
~子供の成長に合わせた3ステージの間取りプラン~

  • 住まいの形態:一世帯
  • 家族構成:大人1人、子ども3人
  • 住まいのイメージヒアリング:

・小4、小1、3才の男の子3人が仲良くのびのび過ごせる家にしたい
・子供の成長に合わせて、2階は6畳×3部屋を子ども部屋として確保したい
・狭い敷地でも、広々と、そして太陽の光や風を感じられる家にしたい
・将来、吹き抜けに床を貼り、子ども部屋にしたい
・屋根裏部屋を作る予定

 

子どもの成長やライフスタイルの変化によって、間取り(プラン)を変更していく場合、どのような使い方をしたいかイメージしておく事が大切です。それによってリフォームの可能性の枠が広がり、いつの場合でも、より快適で暮らしやすい生活が実現します。そこで2階部分は、子どもの成長に合わせた3ステージの間取りをプランしました。

 

 Point! 
リビングに2階への階段を設置。
子ども部屋へ上がる前に
「お帰りなさい」と声掛けできます。

 

 1階 
①階段をリビングに配置し、階段下収納を確保。
②玄関横に土間収納を確保(使い方自由)。
③吹き抜けをリビング側に設置して上下階の関係をつくる。


 2階 
④吹き抜け部分に面するホールをファミリーライブラリーに(吹き抜けに面する書棚を手すりの高さにする)。
⑤吹き抜けをリビング側に設け、上下階の気配を感じられるつながりにする。
⑥子どもが小さい間は、主寝室とつながるスペースを家族全員の寝室として活用する。
⑦間仕切り家具でフレキシブルな使い方に。
⑧ロフトを収納スペースとして活用する場合、収納階段にしておくと、階下の有効的に使用できる。

 Point! 
2階は、子どもの成長に合わせて
間取りを変更していきます。

 


 ステージ1 
 幼少期

 ステージ2 
子ども部屋として独立させる

 ステージ3 
吹き抜けスペースを居室にし、
各部屋を独立させる

 

 


初めての無料相談会

資料請求