飯森 一博 自己紹介はこちら

木工事が始まりました

今日から菅の木工事が始まりました。午前9時の段階でここまで進んでいました。

本来はこの後、床断熱を施工し、床版を設置しますが、本日は雨の為、断熱材は後日とし、床版を仮置きします。

基礎と土台の間にある黒い材は基礎パッキンです。これを基礎の下に入れて、床下全体を換気します。

土台・大引き下にある鋼製の材は床の沈み込みを防ぐ「鋼製束」です。将来的に木材が痩せてきて床が下がるような事があれば、鋼製束を回してジャッキアップする事も出来ます。


 

朝日ホームのSNS、随時更新しています 

ぜひフォローよろしくお願いします♬

 Instagram公式ページ

 Facebook公式ページ

 pinterest公式ページ

 LINE公式アカウント

LINEでは友だち登録をしていただくと、毎週木曜日に朝日ホームの施工事例や家づくりのお役立ち情報をお届けしています。
LINEからのイベント申込み、ご質問も可能です。

1ページ (全732ページ中)