建築会社はどう選べばいい?

家を建てるためには、建築会社を決めなければなりません。

建築会社と一口に言っても、大手のハウスメーカーから地元密着の工務店まで数多くの会社があります。

では、自分に合った建築会社はどのような観点で選べばいいのでしょうか。

 

ハウスメーカーのメリット・デメリット

ハウスメーカーの一番のメリットはやはり「安心感」ではないでしょうか。

テレビのCMなどで知名度もあり、全国展開で施工実績も多く安定性があります。
住宅展示場のモデルハウスなどで、仕上がりやリアルなイメージを想像できるのもいいですね。

建築の流れもシステム化されており、サポート体制も整っています。

金額面では、建築資材を大量発注できるため、建築コストを抑えられます。

一方、デメリットもあります。

基本の建築資材やプランがあるため、自由設計とうたわれているところでも、どの程度の自由度かは確認が必要でしょう。
また打合せ回数に制限があり、細かなところまでじっくりと話し合うことができない可能性もあります。

大手ならではのデメリットとして、異動などにより途中で担当者が変わってしまう可能性もあるかもしれません。

自由度を求めて、オーダーになるとかえって建築コストが高くなってしまうことも。

 

工務店のメリット・デメリット

工務店の一番のメリットは「自由度の高さ」といえます。

デフォルトがない分、間取りもデザインもお客様の声を最大限に反映できます。
資材やブランドに制限がないため、自分だけのこだわりを実現しやすいでしょう。

また工務店は地元に密着しているので、見えないところまで手抜き工事がされにくいこともメリットです。

デメリットとしては、ハウスメーカーより金額が高くなりがちなことでしょう。

大量発注できないため、単価はどうしても割高になります。
お金を掛けたいところと掛けないところを明確にしていくことで予算内で収めやすくなります。

また、対応エリアが限定されている事も多いため、ネット検索などで気にいった会社を見つけてもエリア外で施工不可という事もありえます。

 

自分に合った建築会社を選ぶには

ハウスメーカーと工務店の性質の違いはありますが、どちらが良いということではありません。

では、自分に合った建築会社を選ぶポイントは何でしょうか。


・自分の優先順位を叶えやすいのはハウスメーカーと工務店のどちらか

・会社の理念
・自分の話を聞いて、いろいろな提案をしてくれるか
・担当者との相性

 

たとえば「世界でひとつだけの自分らしい家にしたい」と考えている人がハウスメーカーを選んでも、希望を叶えるのは難しいかもしれません。

反対に、建築費用を抑えたい方がこだわりいっぱいの家づくりをする工務店を選んだら、コストオーバーになってしまいます。

また、家づくりは長期にわたって打合せするため、担当者との相性も大切だと思います。

WEBサイトで情報をあつめたら、相談会やモデルハウス見学などで直接お話してみることをおすすめします。

自分に合った建築会社を選ぶ

 

デザインについて

 


 

モデルハウス見学会

資料請求

社長のオススメ物件情報

家づくり無料相談会

 


朝日ホームのSNSもぜひチェックしてください♬


Instagram公式ページはこちら


Facebook公式ページはこちら


Pinterest公式ページはこちら


公式LINEアカウントはこちら

LINEでは友だち登録をしていただくと、毎週木曜日に朝日ホームの施工事例や家づくりのお役立ち情報をお届けしています。
LINEからのイベント申込み、ご質問も可能です。