いくらで建てられる?

 

「どうせなら自由設計で注文住宅を建てたい。でもきっと高いだろうから建売を探そうか…」

建売は目の前に建物があり、それがいくらと提示されているため、わかりやすさは抜群です。

それでもやはり「建物に人間を合わせなくてはならない」という感覚があって、注文住宅を諦めきれないという方もいらっしゃることでしょう。

それでは、どのくらいの値段で注文住宅が建てられるのでしょうか?

 


注文住宅に必要な費用とは

建物価格(本体価格)に別途工事費と諸費用を足し、土地から購入される場合には土地代金を含めたものが、注文住宅を建てるための総予算になります。

 

注文住宅に 必要な費用

 

建築にかかるお金

本体工事費

基礎工事/木工事/屋根工事/外壁工事/建具工事/内装工事 など

建築費用の約70~80%

別途工事費

既存建物の解体費/地盤改良工事費/上下水道引込み工事費/照明器具工事費/カーテンエ事費/空調設備工事費/屋外電気工事費/外構工事費 など

建築費用の約10~20%

諸費用

印紙税や登録免許税/不動産取得税などの税金/登記費用/住宅ローンの手続き費用/火災保険料/仲介手数料/引越し費用 など

建築費用の約5~10%

 

土地にかかるお金

土地代金

土地代金、印紙税、仲介手数料など

 

 

自分の用意できるお金はいくら?

土地・建物の総額は何千万円という金額ですから、キャッシュで用意できる方は少ないでしょう。
節税の面からも住宅ローンを組む方が多いのではないでしょうか。

では、住宅ローンは具体的にどのくらいの金額が組めるのでしょうか?

一般的な目安は、年収の7〜10倍と言われています。

たとえば年収500万円の場合は、3,500万円〜5,000万円程度となります。

 

 

予算オーバーを防ぐには

総予算をオーバーしないためには、最初に建物の価格をしっかりと決めることが重要です。
建物にどれくらいの費用をかけるかがはっきりすれば、諸費用も土地にかけられる金額もおのずと決まります。

土地にかける金額を先に決めると、土地代金は予算内に入っていても、地盤改良や水道管などの交換工事が発生した場合の別途工事費がかさんでしまうことも。

その結果、建物の予算を削らざるを得ず、希望通りの家にできない可能性もあるので注意しましょう。

まず、建物の価格を決めることが肝心です。

 

 

ご希望の優先順位を変えることで、注文住宅を可能にできる場合もあります。

まずはお気軽にご相談ください。

注文住宅について問い合わせをする

 

土地を探す前に

 

 


 

モデルハウス見学会

資料請求

社長のオススメ物件情報

家づくり無料相談会

 


朝日ホームのSNSもぜひチェックしてください♬


Instagram公式ページはこちら


Facebook公式ページはこちら


Pinterest公式ページはこちら


公式LINEアカウントはこちら

LINEでは友だち登録をしていただくと、毎週木曜日に朝日ホームの施工事例や家づくりのお役立ち情報をお届けしています。
LINEからのイベント申込み、ご質問も可能です。